女性と話すのが苦手な方は、出費を抑えて神戸の風俗に行きなさい!

サイトマップ

ピンクの下着を身に着けている女性

飲んでるときに風俗を利用するのはやめた方が良い

赤いリップの女性

飲んだ時って気も大きくなって風俗に行きたくなるのですが、大体こんな時って失敗することが多いのでやめておいた方が無難ですよね。
ほろ酔い気分であれば逆に気分も乗ってよかったりするのですが、飲んで風俗に行こうとなったときはかなり出来上がっている状態だったりしますから、全然楽しむことができないことが多いものです。
その時は酔っていることもあって、なんとなく楽しいような気がしたりするのですが、中折れしてしまったり眠くなってどうでも良くなってしまったりで、結局ただお金を無駄にするだけだったりしますよね。
酔いが醒めるまではそれで良いのですが、完全にアルコールが抜けた後に財布の中身が減っていることを確認すると、こんなことならもっと気分が乗ったときに遊びに行きたかったと思うこともしばしばです。
毎回、これで反省をしてはいるのですが酒を飲むと判断力が鈍くなってしまいますから、結局同じことを繰り返してしまったりするんですよね。
これを避けるためには飲むときには飲み代だけ財布の中に入れて、風俗代は別にしておいて本当に気分が乗ったときにだけ風俗に行くようにすれば、酒も風俗もどっちも思いきり楽しめるのではないかと思っています。

TOPへ